横須賀市立うわまち病院
看護部採用ページ

ENTRY
先輩看護師の声
VOICE

うわまち病院に勤める先輩看護師から見た、病院の魅力や特徴とは何か。
うわまち病院で活躍中の看護師の声をご紹介します。

優しい先輩看護師や同期とともに苦労を乗り切る 一年目看護師  荒井

私は2017年に看護学校を卒業し、新卒の常勤看護師として、うわまち病院看護部へ入職しました。私が看護師を志した理由は学生時代の部活動で運動をしていくなかで、自身も貧血などの体調不良を経験し、人の健康に興味をもつようになったからです。
私は看護学校を決める際、さまざまな教育機関を見学しました。そのなかで後に母校となる横須賀市医師会の看護学校を見学した際、隣接するうわまち病院の病棟を見学したり、看護師さんにお話を伺ったりする機会があり、「是非ここで働きたい」と思いました。そこで、奨学金を使って横須賀市医師会の看護学校に入学することに決めました。
私は2017年現在、総合内科の看護師として働いています。うわまち病院看護部では配属先の希望を出す前に各診療科の見学や研修を行うことができます。この期間を経て看護師として「まずは内科のことを詳しく学びたい」と思い、総合内科への希望を出しました。 総合内科は患者さんの入院期間が比較的長く、密なコミュニケーションが取れる診療科です。また、一見してわからない症状を抱える患者さんも多いので、患者さんを総合的にみる力が養われます。
私は、現場に出てまだ数か月です。大変なことや悩むこと、迷うこともまだまだたくさんあります。しかし、うわまち病院で働くスタッフたちは、みな優しく、指導や相談に快く応じてくださる優しい先輩方や、一緒に頑張ってくれる同期の存在のお陰で大変なことがあっても乗り越えられます。
まずは総合内科で内科のことを学び、いずれ救命や最先端の医療についても学びたいと考えています。

緊張感ある現場でも温かい印象の職場 5年目看護師  佐々木

私は新卒でうわまち病院へ入職し、今年で5年目となります。当院を選んだきっかけは専門学校の実習で、外部講師としていらしていたうわまち病院の集中治療室で働く看護師さんにさまざまなことを学んだからです。働いている姿が格好いいと思ったことももちろんですが、緊張感漂う集中治療室の現場でもスタッフ間が和気藹々としており、ぜひここで働きたいと思い入職しました。
私は学生時代の経験をもとにうわまち病院に入職するきっかけともなった集中治療室への配属を希望し、入職から5年間こちらで働いています。集中治療室は若手看護師中心のメンバーで、スタッフの入れ替わりが多いことが特徴です。当時憧れた上司や先輩とともに働けることは楽しく、悩んだときにも相談できるので非常に安心できます。
集中治療室では急性期の患者さんの看護を行います。集中治療室と耳にすると張りつめたような緊張感をイメージする方も多いと思いますが、当院は全体的にアットホームな雰囲気であるため、緊張感の中にも温かい印象を持つ患者さんも多いと聞きます。また地域に根づいた病院として、元気になった患者さんが退院され、街で日常生活を送られている姿を見かけることもあり、看護師としてとてもうれしい気持ちになります。
看護師は6年目以降、本格的にキャリアを考える時期となります。私は今管理職への道を歩むか、認定看護師・専門看護師などの道を歩むかまだ悩んでいるところです。当院は認定看護師・専門看護師の数が多く、勉強会なども積極的に開催されているため、さまざまなことを学び、これから考えていきたいと思っています。
うわまち病院看護部はこれからの看護師人生を描くうえで、よい学びをたくさん得られると思います。親身に相談に乗ってくださる先輩や、さまざまな分野で活躍されている先輩の姿を見て、自分自身の選択肢を広げることもできますし、さまざまな経験を積むことができます。

スタッフ同士が助け合い働ける環境を目指す ベテラン助産師 川島

私は2002年のうわまち病院の設立時から助産師として働いています。実は、当院の前身である国立横須賀病院時代にも看護師として働いていました。子育てとの両立で一度は退職しましたが、市立へと変わる際に再度この地で助産師として働くことにしました。最初はパートとして働き始めましたが、2017年現在は常勤として勤務しています。常勤の場合、日中の勤務のほか、月に5〜6回程の夜勤業務も行います。
私は産科を含む病棟で勤務をしています。若手からベテランまでさまざまな看護師・助産師が在籍しており、スタッフ同士の仲は大変よいと思います。看護師と助産師が在籍する診療科なので、お互いに勉強会などを行いながら知識を深めています。
産婦人科はさまざまな女性が受診する診療科です。入院する患者さんの抱えるそれぞれの事情を理解し、看護にあたっていくことが大切だと感じています。
当院で活躍する看護師・助産師のなかには、子育て中のスタッフも多くいます。子育てや個々の状況を理解し、私は助産師の先輩として、スタッフたちを気持ちよくサポートしたいと思っています。
助産師という職業はとにかく心と体の健康が大切です。完璧を求めすぎず、自分自身を上手にケアしながら働くことを心がけています。私はスタッフ同士が助け合いながら、お互いにスキルアップしていけるような職場環境を目指しています。

男女の違いなく、患者さんのために一丸となって取り組める環境 男性看護師   馬場

私は、2008年に新卒の看護師としてうわまち病院看護部に入職し、2017年で9年目を迎えます。看護師を志したきっかけは、祖父が脳梗塞にかかったときに看護の重要性を感じたからです。そして、当院の雰囲気のあたたかさに惹かれ、うわまち病院看護部への入職を決めました。
また、学生時代は「男性看護師は人数が少ないから大変ではないか」という不安を持っていました。しかし、実際に働いてみると、男女間の感性の違いはありますが、互いを尊重し、みなが患者さんや病院のために協力して取り組める環境が当院にはありました。また、男性看護師同士も人数が少ないながらに団結し、楽しく働ける環境だと思います。
私は2017年時点で、救命救急センターで主任として30名程度の看護師のサポートをしています。この診療科に異動してくるまでは、整形外科病棟やICUを経験してきました。
救命救急センターは重篤な患者さんや、緊急の対応が必要な患者さんが運ばれてきます。私はそのような患者さんの看護に加え、主任として若手の看護師の指導や、委員会の活動にも精を出しています。特に現在は教育面システムの整備に尽力しています。
当院看護部の最大の魅力はスタッフ同士の「つながりの深さ」だと思います。看護の現場は肉体的にも精神的にも大変なことが多々ありますが、仲間と協力して看護に取り組むことができるため、「頑張ろう」と思えます。
また、うわまち病院看護部は育児をしながらの勤務に当たってもサポートが充実しています。私は妻も看護師で3人の子どもがいますが、育児休暇や保育施設などを利用しキャリアを諦めずに働けています。

時短勤務制度を利用し、子育てと自らのキャリアを両立 時短勤務看護師 本田

私は、現在「時短勤務」というかたちで働きながら、3人の小学生子どもを育てています。私はもともと1998年よりうわまち病院看護部で働いていました。子どもが小学校に上がるまでは当院の育休制度や保育制度などを活用し、仕事と育児を両立していましたが、小学校への進学を期に「低学年のうちは子どもが学校から帰ってくるときに、家で迎えてあげたい」という思いがあり、働き方を考えるようになりました。
そこで上長にパート勤務への転向を相談したところ、「時短勤務制度」を提案されました。当院の時短勤務制度は1つの理由につき2年間の時短を許可しているため、子どもの3人いる私は6年間時短勤務をしており、来年から常勤に戻って勤務に当たる予定です。

パート勤務ではなく時短勤務制度を活用したことはさまざまなメリットがありました。たとえば、1度パート勤務になると役職や給与の点でまた0からのスタートになってしまいますが、時短勤務制度では自身のキャリアを諦めずに働き続けることができます。また、やはり気心の知れたスタッフたちと働けることは非常に安心でき、子どもの事情でお休みをいただくときも、みなさん協力してくださるのでとても助かりました。
また、私は現在外来で働いていますが、最終的にはがん患者さんへの看護を極めていきたいという夢を持っています。子育てとの両立をしながら自分の夢に向かって勉強もしていきたいと思っています。

看護師の仕事と子育てとの両立は大変なこともしばしばあります。しかし、家族や当院の看護部のサポートがあり、ここまで来ることができたことを非常に感謝しています。完璧にやろうとせず、うまく周りのサポートに頼りながら力を抜いてやっていくことが大切だと思います。

子育てと両立した勤務にもサポートしてくれる体制がある。 パート勤務看護師 中西

私は2017年現在、パート勤務としてフルタイムで週に4日勤務をしています。もともと、うわまち病院で7年程度正職員として勤務したあと、結婚や出産、引越しに伴い離職し、その後は別の病院で看護師として働いていました。そして実家のある横須賀に戻ってきた際、当時の副部長に「また、うわまち病院で働きませんか」と声をかけていただき、今度はパートという体制で勤めることになりました。

私はNICUと小児科外来にて勤務しています。以前整形外科などに在籍していましたが、子どもができて親の立場が少しずつわかり始めたため、よりよい看護ができるのではないかと思い、小児科を選択しました。うわまち病院は病院全体を通して人間関係の風通しがよく、働きやすいと感じます。先輩スタッフがとても優しく頼れるため、アットホームな雰囲気で仕事ができます。
また、私には2人の子どもがおり、子育てと両立して勤務にあたっています。病院内の保育所を活用し、そこから幼稚園へ通わせています。子育てとの両立で苦労する点は子どもが熱を出したり、体調を崩したりした際には勤務をお休みしなければならないことです。とても申し訳ない気持ちになりますが、そんなときでも当院のスタッフは嫌な顔ひとつせずカバーしてくださるので、大変ありがたいと感じています。
いずれ子育てが一段落したところで、看護師としてさらなるスキルアップも検討しています。

うわまち病院看護部の最大の魅力は明るくアットホームな雰囲気であると自負しています。看護師の仕事は肉体的にも精神的にも苦労することがしばしばありますが、助け合いながらみんなで楽しく働いていきたいです。

RECRUIT

看護師・看護助手 積極採用中!!

ENTRY

横須賀市立うわまち病院 看護部採用ページ
〒238-8567 神奈川県横須賀市上町2-36

病院ホームページ